パチスロで勝つための立ち回り方




どうも、タクノリです。

今回は、パチスロの立ち回りについて記事を書いていこうと思います。

僕は、あまり時間がない中、パチスロで年間200万円稼ぐことができたので信憑性はあると思います。年間200万円稼ぐことができたのは効率の良さが一番だと思います。打っている時には常に効率よく打つように心がけています。では、どのように効率よく打つのかというのを説明していきたいと思います。

確定しているものを打つ

まず、ここが大事です。ホールによっても違うと思うのですが、僕の良く行くホールは設定など入っていないので、設定が入っていそうな台や好調そうな台より天井期待値や自分のある程度の基準を満たした台しか打たないように心がけています。そのほうが、不確定な期待値より確定的な期待値を積むことができるからです。体感的にも実際の収支的にもプラスになることの方がとても多いです。



狙われやすい機種や分かりやすい期待値のものから打つ

少し難易度が高いですが、これを行うことで効率が大幅に良くなります。例えばGOD神々の凱旋の600ゲームはまりとHey鏡のHeyカウンター300が落ちていたらどっちを打ちますか?Hey鏡のHeyカウンター狙いの方が期待値は高いですがこの場合僕なら凱旋の600はまりを打ちます。なぜなら大体のホールでメイン機種として稼働しており今もなお人気の機種である凱旋の方が打たれてしまう可能性が大きいからです。ホールによって違いはあるかも知れませんが、僕の近所のホールだと凱旋を打ってからでも鏡が落ちていることのほうが多いです。逆にHey鏡を打ってからだと凱旋の600はまりは打たれてしまっている可能性が大きく、また期待値を探さなくてはならないので時間が大幅にロスしてしまいます。探す時間が増えてくるとその日の日当に大きく影響してきてしまいそれが積み重なると月収、年収に大きく影響してきて、気づけば何十万円の差になってしまうのです。

なので、ホールによると思うのですが狙われやすい機種を先に消化し、放っておいてもなかなか打たれない機種は後回しにして時間の効率化を図ってみて下さい。これで月数万円はプラスになると思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか。時間効率をより良くすることでさらに大きなプラスが見込めると思いますのでたまには普段の立ち回りを振り返ってみるのもいいのではないでしょうか。

この記事を読んで下さりありがとうございました。


 

タイトルとURLをコピーしました