沖ドキの勝ち方




みなさんこんにちは、タクノリです。

今回は、沖ドキの勝ち方について記事を書いていこうと思います。

面白さや出玉速度、一撃性を兼ね備えた沖ドキですが投資スピードが速く

一瞬で大金を飲み込まれたという人も多いかと思います。

そんな沖ドキをもっと楽しく打つために僕が普段行っている立ち回りをご紹介します。

全リセか見分ける

まず、そのパチ屋が全リセをしているかを見分けましょう。

毎日全リセをかけていなくても新装開店や特定日など日によって

リセットをかけている時もあるのでそこを見分けるようにしてみてください。

僕の見分ける時の基準は半分くらい早く(150ゲーム以内)に当たっていて、

なおかつ1回もしくは2回で天国に上がっているようならリセットと判断しています。

また、リセットをかけていなそうでも前日調子のいい台(こぜ5,6)がピンポイントで

早く当たっていれば打つようにしています。

ベルを数える

打つ台を決めたら必ずベルを数えるようにしましょう。

なぜなら沖ドキは機械割が低くい割に出玉性能がいいので

見せ台として高設定を入れる可能性が意外と高いからです。

僕自身もリセ狙いをしていて高設定を拾うことがしばしばありますので

その際は打ち切ることでより高い期待値を積むことができます。

ベルの数え方は次の通りです。

通常時回した回転数+引いたビックの数+引いたレギュラーの数÷ベルの数

ベルの設定差は次の通りです。

設定1 1/168

設定2 1/158

設定3 1/149

設定4 1/141

設定5 1/134

設定6 1/128

僕は設定5.6の値であれば打ち続けるようにしています。

また、ベル確率を算出するタイミングはB狙いをして32ゲーム抜けの

タイミングに行っています。

1回で上がらなかったらやめる(状況による)

ここが最も重要だと思います。なぜならチャンスゾーンで当たっているはずなら

次の当たりが通常当選でも50~60%(奇数か偶数による)で天国以上に上がるからです。

スイカで当選した場合にはさらに天国以上に上がる確率が上がります。

そのため朝一は2.3スルーしているとモードAの確率が上がってしまうため

1回で上がらなかったら次の早めに当たっている台を探して打ったほうが期待値を

積めると僕の経験上思います。

また、(状況による)と書いてありますが、これは設定が狙える状況やベル確率が良好な時は

天国に上がるまで打ち切り、32抜け後、再度ベル確率を計算し良好な場合は打ち続けるといった

立ち回りがいいかと思います。冒頭でも言ったように沖ドキはお金を飲み込むスピードが速いため

こまめにベル確率を計算するほうが良いと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか。撤去日が近づいていて打てる期間がだんだん少なくなっているので、

この記事を読んで少しでも勝率を増やして下さい。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!





タイトルとURLをコピーしました